共通メニューをジャンプして本文へ移動

Interview

定期的に更新するインタビューのページです。Webクリエイターだけでなく、
さまざまなジャンルの方々のインタビューを掲載していく予定です。


18 大本あかね

2007.12.27 [ Web Director ]

大本あかね

ウェブ制作者・ウェブ担当者・ウェブサイト運営者のための短期集中型ウェブ専門の学習塾、allWebクリエイター塾を主催する大本あかねさん。長野でも、NPO法人長野IT化推進センターで全5シリーズにわたりWebクリエイター養成講習を開催し(最終回のWebマーケティング講座は2008年1月19日に開催)、地方でも積極的な開催を展開しています。Webクリエイターを養成するという視点で業界に寄与されている大本さんに、これまでの経緯や今後の展望についてお話を伺いました。

インタビュアー/id=Nagano


─大本さんのこれまでの経歴を教えてください。

地方のパッケージデザイン会社に勤めていましたが、1995年頃にウェブに興味を持ち独学で勉強しはじめました。その頃に知り合ったウェブデザイナーに「デザインのいろは」を勉強させてもらいました。

─なぜallWebクリエイター塾をはじめようと思ったのですか?

2003年の暮れに女性だけをターゲットにXOOPSを教える勉強会を開催しようと思ったのがきっかけです。その頃はCMSが注目され、XOOPSも同様に注目されていました。オープンソースで書籍も出ていたりするのですが、サーバーの環境などによってはスムーズにできないこともあり、慣れるまではちょっと敷居が高いものでした。
当初友人のウェブデザイナーと一緒にはじめたのですが、女性2名での講師ということもあり、またプログラム系は男性が強いイメージがあったので教えるのは女性限定にし、寺子屋的な感覚を入れて“塾”という名称を付けました。その頃のYahoo!の表示順序も意識して、はじめに「a」をつけ「all女性XOOPS塾」を誕生させました。
今の「allWebクリエイター塾」に変更したのは、Web標準でのサイト制作に焦点を定めたのと、男性の参加希望も多かったので面影を残しつつ改名しました。

─どのような講座をやっていますか?講師はどのような方ですか?

単発講座になっていまして、1日でマスターできるように構成しています。私自身に短期間で効率よく勉強したいという気持ちがあったので、このような構成にいたしました。
講座の内容はウェブ制作者が必要なスキルに限定しているのですが、今ではバラエティに富んでいます。基本は「XHTML+CSS」「SEO対策」「Webディレクション」「アクセス解析」などを行っています。
今後は、ウェブ制作者という大きな括りでなく、ある程度限定したユーザーごとに必要なスキルが学ぶことができるように、より深い内容を行っていく予定です。
講師は現場で実際にプロとして活動されている方に依頼しています。またその中でも現場のノウハウを出していただける方で、なおかつ教える力を兼ね備えた方に依頼しています。

─Web講習のスタンスはどうでしょう?

基本的に、「現場で役立つ内容」や「持ち帰って使える内容」を組み込んでいます。ウェブの勉強ってウェブ上の情報だけでは解りにくい事や、リアルで教えてもらうと簡単な事ってたくさんあります。講師の方々が何日もかけて勉強した内容や現場でのノウハウを講座の内容に集約して教えていただいています。
気をつけている点として、単発の講座なので、どんな立場の方が入ってもわかるように体系的に構成している事と理解するために必要な知識や現場で役立たせるためのスキルが身に着くようにしています。

─Webといっても範囲がかなり広いですよね。テーマを選ぶ基準はあるのですか?

基準は自分でしょうか?受講生の方にも「自分が勉強したい事を講師に依頼して教えてもらえれば良いからいいね!」的な事を言われたことがあります。まさにこれで、自分が勉強したいと思っている事なんでしょうね。

─ひとつのテーマを定めて講習を開くまでに、結構時間がかかるのでは…

オファーしてからの返事などもあるので講座によってさまざまですね。でも、実は私から積極的に講師依頼をした事ってあまりないんですよ。意外と講師をやりたい方ってご自分からでもPRしてくるので(笑)。
ちなみに、平均開催まで3ヶ月~半年くらいはかかってしまいますね。

─受講者の反応はいかがですか?

大多数はご満足されて帰宅されます。その証もあってリピート受講される方が講座によっては過半数を上回ります。実際そのための努力もしていますが…。
でもその半分の方が持ち帰って本当に使ってもらっているのか?意識が下がってないか?などちょっと心配になる反面もありますが、アンケートでの感想が良いので良いのかな?と思っています。そのために「SwapSkills」という勉強会を1ヶ月に一度のペースで行っています。長野でも同様のことが言えると思うので、id=Naganoさんと長野IT化推進センターさんと一緒に勉強会などの企画ができればと考案しています。
あと、良く言われるのが「アットホーム」だねって。ネットだけでは解らない伝わらないのがこのあたりなのかも知れません。

─allwebの講座は、いま長野でもシリーズで開催されていますね。地方開催について、具体的にはどんな場所で、どのような思いから開催しているのですか?

2003年当初でも「地方での開催はないのか?」などの話を受けていたのですが、実は会社勤めをしていたので、なかなか開催に焦げ付けなかったのが現状でした。
独立した頃に長野の団体(長野IT化推進センター)様から依頼をいただき、2007年度はシリーズ化して講座を行っています。id=Naganoで編集などをご経験されている方が東京の講座に受講されたこともあり、長野での講座をid=Naganoのサイトで告知をしていただいたり、さらには長野の講座にも受講していただいたりと大変お世話になっています。
2008年からは北海道、関西での開催を予定していて、地方の方とも交流を深めてウェブ標準やウェブの活用方法などの浸透を目指しています。どこに行ってもはじめのスタンスと同じように、勉強したいと思っている方のお役立てができればと思っています。

─東京と長野の受講生の違いはありますか?

長野の講座を主催されている長野IT化推進センターさんでも良く聞かれる事なのですが、東京と地方での温度差は思っているより差がないように思います。
確かに、東京ではパイが違うので優秀な方はたくさんいますが、全体的に差があるかといえばそうでもないように思います。事実、今回の長野の講座に参加された方は意識が高く、がんばっている方ばかりでした。逆に東京の方がいつでも受講できるなどの気持ちの余裕がスキルアップをさせていないように見受けられます。地方では東京ほどセミナーが多くないため、情報に乏しいとは思いますが、その分意識が高いのかな?と感じました。
ちなみに長野の感想ですが、思っていたより魚介類もおいしく、受講生からいただいたりんごのおいしさや新幹線のホームの立ち食いなのにも関わらず、普通においしい蕎麦。なんと言っても東京では味わえない空気の綺麗さは格別です。長野は何度か足を運んでいるうちに、歳を取ったら住んでみたいと思えた良い街です。

─ありがとうございます(笑)。さて、今後やっていきたいことや、開催予定のテーマはありますか?

今後は地方への展開を考えています。allWebの信頼と多くの人にallWebを知っていただくという事ですね。
テーマとしては、『今ある財産(知人)から新たなる信頼を築く。』です!
かなり硬いですが…講師を中心に現在allWebを支持していたいだいている方に本当に感謝しています。支持していただいている方の期待に応え、allWebと多くの皆様の新しい出会いを広げていきたいと思っています。

─どんどん広がっていくといいですね。少し視点を変えて、大本さんの視点で、Webクリエイターに大切な要素は何だと思いますか?

講師の方にも話を良く話しをするのですが、求めていることを汲み取る姿勢が大切だと思います。
クライアントの応対はディレクターの仕事と思っている人は危険ですね。同じプロジェクトを組む上で完成作品の共通意識がなければ良いものなど生まれないからです。ですので、例えFlashクリエイターでもクライアントの要望を表現できるように汲み取る姿勢を持つべきです。
どの仕事でもそうですが、業界では一般的な事を横並びで伝えても理解してくれません。クライアントの駄目だしなどをする事よりもクライアントが理解できるように話をする・教育する必要があるのだと思います。
フリーの方は特にそうですが、提案・制作するにはそれなりの時間がかかるのでビジネスライクにする所はきちんとして、かつ落ち度のないようにすることも必要ですね!
あと、大切な要素としては「強みを持つ」事です。ウェブクリエイター、デザイナーといっても行う業務は幅広くなっています。塾の講座もカリキュラムがこんなに多いのは必要なスキルが多くあるからです。一通りの知識を習得することも必要ですが、その中で自分だけができる事、得意な事を作っておくことが必要だと思います。可能であれば、信頼の置けるスキルを持った仲間がいれば尚ベターですね!

─今まであった人の中でこの人すごい!という人はいますか?

たくさんいて書けないですね(笑)。最近は若者のがんばりに感銘を受けていますが、やっぱり初めて会ったウェブデザイナーさんが衝撃的ですね。初恋が忘れられないというのと同じかもしれません。(ちなみに、そのウェブデザイナーさんは女性です。)

─Web業界全体を見渡して、何か感じていることなどありますか?

インターネットが一般化され便利になっていく一方で、文字だけでは感情が伝わりにくく、間違った認識をしてしまうことって良くあります。社会的にはイジメや中傷、さらには炎上なども切っても切れないのがネットです。
ネットだからこそ見えてくる事実もあると思いますが、相手が見えない状態なのにも関わらず経験を積んだ方と積んでない方の言葉の重みが一緒くたになっている感じがあります。私たちウェブ制作に関わっている人はこれらの事まで想定して制作をする必要があるのだと感じます。

─Web業界で注目している動きは?

携帯ですね!i-phoneみたいなインターフェースの携帯も誕生するとか?今までワンソースマルチユースと言っていた事がより実現化されるのかな?とちょっとだけ期待しています。

─Webはこれからどうなっていくと思いますか? どうなったらいいなと思いますか?

どうなんでしょうか?
セカンドライフがリアルと結びつくとかなり変化があるのかもですね。いずれはバーチャルとリアルの融合が実現する時代は来るのだと思いますが、私自身は特別そうなってほしいとも思っていません。
ウェブが進化してもそこで何を提供するのかは人間が考えることなのだと思います。ウェブの技術的な進化を求める事よりも現実にウェブをどのように利用するのかをひとつひとつクリアする事が大切なのだと思います。

─プライベートではどんな風にWebを利用していますか?

みんなと同じだと思いますよ。調べ物をしたりSNSしたり、音楽をダウンロードしたり。英語が話せれば海外の人とSkypeしたいですね!時間とお金の余裕ができれば旅行伝記的なサイトも作りたいですね!

─ありがとうございました。

Profile

大本あかね [Akane Omoto]
Web Director
url : allWebクリエイター塾

愛知県出身
大学卒業後、地元のデザイン会社でデザインを勉強
その後、ウェブに興味を持ち専門学校でJSPを学ぶ
大手ウェブ関連企業でウェブデザイナー兼ディレクター
現在に至る

Favorite site

基礎講座でもご紹介しているのですが、HappyCog(Jeffrey Zeldmanのサイト)は全てのウェブデザイナーに 参考にしてほしいです。

Information

Webクリエイター養成講習 Webマーケティング講習

2008年1月19日 長野IT化推進センターで「アクセス解析」の講座を行います。私がお付き合いしたウェブコンサルタントの会社の中でとても真摯にお仕事をされている会社さんで、取締役をされている竹内さんに講師をご担当いただきます。基礎からウェブ制作が知っておくべきアクセス解析の方法、視点を身に着けられる内容になっています。